岡山市の腰痛改善に力を入れている個室の整骨院

THB白鳥整骨院


院長日記

腰痛を改善する為の基礎知識

更新

岡山市で腰痛にお悩みの方に…。

岡山市でも腰痛に関する情報には、
かなりの数があります。

そのため、知識として何を知って
おかなければいけないのかさえも
わからない場合も…。

ここではまず、
腰痛に関して知っておくべき事
からお話します。

それは、腰痛を起こす原因は
とてもたくさんあって、
原因が一つでないこともある、
という事。

そしてまた、
原因が明確でない腰痛の割合の方が多い
という事です。


どういう事かというと、まず腰痛の種類。

それには、原因が明確な『特異的腰痛』と
原因が明確でない『非特異的腰痛』
とがあります。


ここ岡山市でも『特異的腰痛』は、
腰痛全体の約15%で、『非特異的腰痛』は
全体の約85%にもなります。

このように腰痛に関しては、
圧倒的に原因が明確にならない方が多いと
言う事をまず知っておかなければなりません。

この事を知っておけば、原因が分かるまで、
あれこれと岡山市の医療機関を
巡るような事もしなくて済むからです。


逆に『特異的腰痛』に関して言えば、
これらは岡山市の病院でも画像診断で
見つけられやすいもの、といえます。

腰痛全体の約15%にあたると言われる
『特異的腰痛』の内訳。

それは「腰椎椎間板ヘルニア」
と「腰部脊柱管狭窄症」が
約4~5%づつあります。

そして、お年寄りに多い
「圧迫骨折」による腰痛が約4%。

内臓疾患が関係する「尿路結石」や
「解離性大動脈りゅう」からくる
腰痛が約1%。

細菌感染で起きる腰痛と
「がんの転移」による腰痛が約1%です。


そして大事な事は、腰痛の中には
命の危険性に関わるものも
約1%含まれているという事です。

そのため、痛みの激しい腰痛に関しては、
決して自己判断せずにまず
岡山市の専門医の診断を
受けるようにして下さい。

慢性的な腰痛と急性の腰痛

こうした原因による腰痛の区分とは別に、
腰痛の症状による区分もあります。

この区分にあたるものが、
慢性的な腰痛と急性の腰痛とになります。

例えば腰を痛めた時に、
皆さんが良く言われる『ギックリ腰』。

これは突然に激しいい症状に
見舞われるので、急性腰痛です。


しかし腰の痛みも治ることなく
ずっと続いていると、慢性腰痛
言われるように変わってきます。


それから岡山市にお住いの皆さんが、
急性の腰痛に見舞われた際にできる事。

それは、まず安静にする事です。


よく急性期の腰痛の症状を
ストレッチなどで解決しようと
される方がいらっしゃいます。

かえって悪化する場合もあります。

そのため、腰の痛みが激しい…・。

そのような時には無理には動かさないで
安静を保つようにしましょう。

そして腰痛も急性期から慢性期に
移行してきた時。

その時に初めて、
日常生活習慣の見直しは必要になります。


岡山市で腰痛にお悩みのあなたが、
ご自身ででできる基礎的な腰痛の改善策。

それには、姿勢を正しくする方法
がまずあります。

これは腰痛治療だけでなく、
腰痛になり難い基本的な予
防策にもなります。

なのでここで姿勢について、
少し詳しく触れていく事にします。

正しい姿勢で腰痛が改善する理由は…

腰痛と姿勢には、
実は深く結びついた関係性があります。

まず身体を支える背骨には、
身体の重みを支えるために
前後に湾曲した自然なS字の
カーブがあります。

脊柱は緩やかな
S時のカーブにより自重を支え、
その力を分散させる事が出来ます。

そのため、
このS字のカーブが乱れてきた場合。

その時には、
腰だけでなく首や背中にも
負担がかかってきます。

またS字のカーブが乱れてくる事は、
そのまま姿勢の悪さにも
つながるのです。

身体に負担を掛ける姿勢は…

岡山市で腰痛にお悩みの方へ…。

姿勢は身体に掛かってくる
負担を変えてしまいます。

腰に関して言うと、
腰への負担が大きいのは
座ったまま前傾となる姿勢です。

例を上げると、
自然に立ってる姿勢を例えば100とします。


これが座るだけでも、
その負担は140にも増えます。

更に立った姿勢で前傾姿勢になると、
その負担は150になり、これを
座った姿勢から前傾姿勢をとると
185にまで増えます。

つまり立っている状態の倍近い
腰への負担にもなるのです。


岡山市での私たちの今の生活。

そこでは、座って過ごす時間が
大半を占めています。

この生活習慣も
腰痛を増やす原因になってしまいます。


そのためにも良い姿勢を保つことは、
身体にも負担を掛け難い
腰痛の予防の対策にもなります。

よい姿勢を保つためには…

これまでお話をしてきたように、
身体への負担が少ない姿勢が良い姿勢です。

岡山市で腰痛にお悩みだったあなたも、
良い姿勢を保つためには、
自然なS字カーブに注意することが
必要となります。

良い姿勢を保つために、
注意するための基本的な知識として、
まず良い姿勢を知るという事が
挙げられるかと思います。

◆立った状態での姿勢のチェックポイント

立っている状態での
正しい姿勢のチェックポイント。

それは壁に背中をつけて立つ時。

その時に、腰と壁との隙間に
手が入れば正しい姿勢になります。

もし隙間に手が入らないようであれば、
背中が丸まった猫背姿勢になっています。


またこれとは逆に、
隙間に手が多く入りすぎる場合。

その時には、
反り腰になっていると考えられます。

これらのどちらも
腰痛を引き起こしやすい姿勢です。

なので、正しい姿勢になるように
注意をしてをみて下さい。


立っている姿勢。

正しく立つためのポイントは、
あごを引いて背すじを伸ばす事です。

更に軽く胸も張る必要があります。

◆立つ姿勢のチェックポイント

  • 顎を引く事
  • 背すじは伸ばす
  • 胸を軽く張る事
これらはあくまで、
自然なS字カーブを意識すること
を前提としています。

大きく胸を張ったり、
極端に顎を引いたりする事は
自然なS字カーブを乱すもとになります。

注意をして下さい。

◆座った姿勢でのチェックするポイント

座った時の正しい姿勢のチェックポイント。

それはまず、
足の裏はしっかり床に付ける事です。

背もたれには深く腰を掛け、
骨盤を背もたれにつける位の
位置に座る事です。

椅子の高さは出来るだけ、
股関節よりも膝の高さが
高くなるような椅子を選びましょう。

椅子の高さが変えられないようであれば、
踏み台などを用意する事も
必要となるかもしれません。

◆座った姿勢のチェックポイント

  • 足の裏全体をしっかり床につける
  • 椅子には深めに座る
  • 骨盤は背もたれにつける
足の裏をしっかり床につける理由は、
腹圧を上げるためです。

足の裏を床につける事で
踏ん張りが効くようになり、
お腹には力が入り腹圧も上がります。

腹圧を上がれば腰も固定され易くなり、
腰にかかる負担も減ってきます。

姿勢を良くする必要性

ここまで姿勢が悪いと
腰痛にもなり易い事を
ご説明してきました。

岡山市で腰痛にお悩みのあなたも…。

あなたのその姿勢を
良くするのも悪くするのも、
日常の生活習慣からです。

なので、腰痛を改善する為の基本として、
そうした生活習慣を見直してみるのも
必要な事になります。


よい姿勢を保つ…。
それも大切な生活習慣になります。

座ったり立ったりした際に、
身体のS字カーブを意識する。

そして、
自分が正しい状態にあるのかを
確認するのも姿勢を正しく保てる
秘訣になります。

こうした事からも、
腰痛を改善するには、
良い姿勢を意識した生活を送る事
が重要になってくるのがわかります。


2018年10月23日 更新

院長日記新着記事一覧

肩こりの原因とその対処法について
つらい肩こり…。少しでも早く治したいのに…。皆さんを悩ませる『肩の凝り』。その原因として、まず「生活習慣の乱れ」と「運動不足」が挙げられます。こうした原...
2018年09月27日 更新
肩を動かすと激しい痛み...四十肩・五十肩
40代、50代の方が襲われやすい肩関節の痛み。その中には、いわゆる40肩・50肩と呼ばれるものがあります。医学的には、『肩関節周囲炎』と呼ばれているものです。この症状は、肩の筋肉で...
2018年08月22日 更新
腰がだるい、動くと腰に違和感が...
皆さんは、腰が痛くなった時には迷わず、医療機関を受診されるとは思います。では”腰痛”までには行かないけど、”腰がだるい”、動いた際に...
2018年07月23日 更新
全身を解きほぐす呼吸‐肩こりにも‐
パソコンやスマホを手放せずに、頭や目ばかりを使い続けると…。カラダに不調を抱えられている人も多いはず。その状態は、東洋医学的には”気が上がる”...
2018年06月28日 更新
腰痛...って!?
ご質問です。「腰痛」って何でしょうか?そもそも『腰痛』とひとくくりにしてしまっても、その種類や痛みの程度は人それぞれ。腰に負担のかかる作業や激しい運動の後から、何日かに渡って腰が痛...
2018年05月22日 更新

THB白鳥整骨院のご案内

住      所:
〒700-0924 岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-243-9200
受付時間:
【平日】
午前  9:00~12:00
午後15:00~18:30
【土曜】
午前  9:00~12:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ