岡山市の腰痛改善に力を入れている個室の整骨院

THB白鳥整骨院


院長日記

ひどい肩こり!その影響は他の所にも...

更新

肩こりにお悩みの方。

時には、首にまでつらさが及んでしまう事も…。

肩こりもひどくなってしまうと、
寝返りをした際に首までがつってしまい、
動かせなくなる事も!


通常、「つってしまって、痛い!」と言う時には、
脚に起こっている症状がまず想像されるはず。


まず筋肉が、引きつりを起こす時には、
次にあげる4つの原因が考えられます。
  1. 冷え
  2. 血行不良
  3. 筋肉そのものの疲労
  4. ミネラルバランス

そして中でも首に関して言うと、”血行不良”や”筋肉の疲れ”。
”冷え”が大きな原因となってしまいます。


通常筋肉に疲労が溜まってきて、そこに”冷え”も重なると,
筋肉は硬くなってしまい,中の血管も押しつぶされ、
血行不良に陥ります。

こうした理由から、肩こりは引き起こされ、
更に首までもがつってしまう事になります。

言い換えると、慢性的に肩こりにお悩みの方は、
首もつり易い状態とも言えます。

しかし普通に考えた場合には、首がつる、
という症状は、脚のふくらはぎなどと比べると
数は少ないはず…と思われがち。

しかし最近では、
スマホやパソコンの普及によって、
肩こりがひどくなり首がつる症状は
増えてきています。

その上首の筋肉が異常を起こす事から、
副交感神経までもが影響を受け、
全身の不調を訴えるまでになる事もあります。

筋肉がつる事には、年齢も関係が…

脚や首がつってしまう事には、年齢も関係します。

年齢を重ねると、年齢と共に筋力も落ちてきます。

しかし首が支えている「頭」の重さは変わりません。

そのため、首にかかってくる力や筋肉疲労は、
以前よりも大きくなってしまいます。

同時に血行も悪くなるため、肩の凝りだけでなく、
首がつる…という原因にも繋がっていきます。


そして年齢が上がると、膝や腰にかかる負担も増え、
姿勢が前かがみとなり、猫背になってくる場合も。

そうなると首の後ろ側になる筋肉は絶えず、
重い頭を支えなければならなくなり、
肩凝りがひどくなったり、首までがつる…
という症状が起きてきます。

つった時には、揉まずに温める事

足がつってしまった時には、ふくらはぎをもむ、
という方は多いと思います。

しかし首がつった際には、そうした行為はNGです。

首は強くもんだりする事で、逆に
傷めてしまう可能性が高いのです。


また肩の凝りや首がつったりすると、
湿布を多用する方もいらっしゃいますが、
少なくとも冷たい湿布は避けた方が賢明です。

特に首のつりに関しては、
血行不良から起こるものなので、
冷やす事で更に悪化させる恐れも…。

湿布は、けがや捻挫に対しては有効なものですが、
凝りなどと言った慢性的な症状に使用するのは、
避けた方がいいでしょう。


一番の理想は、肩や首回りを”温めて”あげる事です。

血行を良くしてあげる事だけで、
痛みも消える事があります。

但し「片頭痛」がある時には、
頭痛を悪化させますのでお止めください。


体温が下がる事で血行が悪くなり、
首がつる症状も増えます。

そのため症状は、冬の時期には増えてきます。

身体を冷やさない、
ちょっとした工夫をするのも、
症状を避ける大切な要素となります。

更に深刻な症状に進む事も…

首に筋肉の疲労が溜まってきたり、
血流も悪くなる事で、体温などを調節する
”自律神経”にも影響が出てきます。

自律神経には、身体を興奮させる「交感神経」と、
身体を休ませる「副交感神経」があります。


コリで血管が押しつぶされ、血行が悪くなると
副交感神経もうまく働かす事が
できなくなってしまいます。

副交感神経が働かずに、逆に
交感神経が優位となれば、身体には常に
緊張した状態が続きます。

動悸が激しくなったり、夜眠れなくなったり、
疲れやすくなる、という事も起きてきます。


目に症状を訴える事も出てきます。

中でも一番起きやすいのが実は「頭痛」です。

首にある筋肉が硬くなって、頭にある
”大後頭神経”を圧迫してしまうと、頭が痛い、
と感じるのですが、これが緊張型の頭痛と呼ばれ、
頭痛の約3分の2を占めています。


これらの症状にならないためにも、
日頃より肩や首回りを温めて血行を良くしてあげたり、
こまめに体操を行う事で、筋肉をほぐしてあげて下さい。

首のつりを防ぐ方法

対処法として、整形外科では湿布が出されたり、
電気治療が主になります。

が、なかなかそれだけでは
良くならないのも事実です。

そのために、
”肩の凝りやそれに付随する首まわりのつり””に
対しては、日頃より血行を良くしてあげる事が
大切になります。

筋肉の血行を促す体操をしているだけでも、
症状を防いでくれる効果もあります。


岡山市での腰痛治療院『THB白鳥整骨院』では、
肩の凝り、首回りがつる事が多くてお悩みの方に。

首回りや肩だけでなく、全身の血流を上げる事ができる
「光線治療」と手技とで、多くの方のお悩みを解決してきました。

なかなか改善しない慢性的な痛みにお悩みの方。

ぜひ私たちに、一度お電話をしてみて下さい。
スタッフが詳しくお話をさせて頂きます。

2018年02月19日 更新

院長日記新着記事一覧

"座りすぎ"が健康に悪い
”座っている時間”が長いと、糖尿病、高血圧だけでなく、がんやうつ病、認知症といった病気の発症率も高めてしまう!そのような事が、最近の研究では分かってきていま...
2018年01月22日 更新
身体に負担を掛けにくい基本の座り方
もしあなたが、高価な椅子を今、使われていたとしても…。その座り方が正しくなければ、身体に対しての負担は軽減される事はありません。長時間に渡りパソコンなどの作業をする時...
2017年12月18日 更新
あなたにも起こる『肩の痛み』。「四十肩・五十肩」の場合も...。
肩が痛む、しびれる…といった症状で、医療機関に行かれる方。数多くいらっしゃいます。他にも、中年以降に肩にトラブルが起きた際に。その時には「四十肩・五十肩だから&hel...
2017年11月20日 更新
生理痛から起こる「腰痛」
生理痛の痛みは、お腹ばかりではありません。腰にも出てくる痛みのため、ひどい人では日常生活に於ける動作にも、影響を及ぼすことも…。今回は生理痛から腰痛が起こる原因を知っ...
2017年10月23日 更新
膝痛・膝の違和感...どうして?
膝痛・膝の違和感の原因膝が痛む…。その原因として、ふくらはぎや太腿の筋肉を多く使うような仕事、スポーツなどを続けていた事が思い浮かぶ方。更にいうと、そのケアについては...
2017年09月21日 更新

THB白鳥整骨院のご案内

住      所:
〒700-0924 岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-243-9200
受付時間:
【平日】
午前  9:00~12:00
午後15:00~18:30
【土曜】
午前  9:00~12:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ