岡山市の腰痛改善に力を入れている個室の整骨院

THB白鳥整骨院


院長日記

『脚を動かすと痛い!』股関節の痛み

更新

股関節は、上半身と下半身との境目にある
「骨盤」を支える大切な関節。

脚の付け根でもあり、脚を動かす事に
関わる大切な部分でもあります。

そんな股関節に痛みが…。

身体を使っている訳でもなく、
ただ立っている、
ただ座っている状態で痛みが出ている場合。

その場合には、「股関節」だけに
その原因があるわけではありません。

”身体を支えるシステム”、そのものに
異常があると考えてみて下さい。


そもそも股関節とは、多くの筋肉に
支えられる事で作られている関節です。

脚を前に動かす筋肉。後ろへ動かす筋肉。

そして脚の付け根となる大腿骨を
骨盤へと押さえ込んでいる大切な筋肉。

matsule_01.jpg 股関節とは、その形状からして
骨盤に大腿骨が外側からはまり込むように
位置しています。

大腿骨を筋肉が外側から、
骨盤にあるカップに抑え込みながら、
脚が前後、左右に動かせるようになっています。


そして脚を外側から押さえ込んでいる
この筋肉たちは、脚が過剰な動きをしないように、
ストッパーの役割も果たしてくれています。

実は「股関節の痛み」は
この外側にある筋肉が原因になる事が
多く見られます。

ではなぜそのような事が起きてくるのでしょうか?


それは、大腿骨を内側へと引き寄せている
筋肉が弱ってきている場合によく起きる事です。

そのために股関節に多く起こる痛みを解消するには、
この弱ってきている脚の内側の筋肉を
強くしてあげる運動は、とても効果をあらわします。

股関節の痛みでお困りの方は、
ぜひ一度試してみて下さい。

それでも改善しない股関節の痛みには…

人の体重を支えているのは、
「股関節」だけではありません。

「股関節」の更にその下には「膝関節」。

そして「足関節」へと続いていく
連なりをもって、人の身体は
支えられています。

そのため、股関節にさしたる
原因が見つけられなかった場合には、
更にその下の「膝関節」、「足関節」を
検査してみる必要があります。

話は変わりますが、皆さんも
日頃は特に意識もしないで、
歩かれていると思います。

この時、片足を上げるたびに
股関節、膝関節、足首などの関節や
脚を持ち上げる筋肉が働きます。

そしてまた、脚が地面に着地すると、
踵、足の裏、足首、膝関節、股関節と
順番に関節は働く事になります。

この時大切なのは、身体を支える
関節や筋肉が、”スムーズに動き””、
”力もおのおののパーツごとにうまく分散され””、
そして大事なのは”左右の脚でその動きに差がない!”
ということです。

理由としては、たとえば股関節や
取り巻く筋肉がうまく動かなければ、
膝関節や足首にも負担がかかり、
逆に足首や膝関節がうまく動かなければ、
股関節にその負担はかかるからです。

そして、身体を支えるために「足関節」は
かなり重要な仕事をこなしています。


試しにここで、あなたの足の指も
うまく動かせているかのをしてみましょう。

あなたは意識をしなくても大丈夫なくらい、
足の指にちゃんと仕事をさせていますか?

多くの人は、足の指をうまく
使いこなせてはいません。

足の指でちゃんと踏ん張れていない、
と言う事です。

お悩みのあなたも足の指を
うまく使いこなせるようになると…。

今までよりも太腿やふくらはぎの筋肉。

そして太腿の裏側にある
ハムストリングスと呼ばれる筋肉や、
背中の筋肉までも使えるようになります。

この様に足の指に意識が向くだけでも、
身体を支える関節や筋肉がうまく働けるようになって、
効率よく身体を動かせるようにもなります。

この一連の意識の中で、
今まで痛かった「股関節」の痛みも改善していくはずです。

股関節を楽にするための具体的な足の指の使い方

最初に、どちら側の足からでもよいので、
足の指を順番に
親指、人差し指、中指、薬指、小指と
一本ずつ動かしてみて下さい。

親指は意識できても、その他の指は
うまく動かせない人が大半だと思います。


そこで足の指の動かし方になります。

座った状態で足を延ばしたままでも、
手が足の指先に届く人。

今度は一本ずつ確認しながら、
手で手前に引く力に抵抗するように
足の指を向こう側へと押します。


指先に、手が届かなければ
壁などに足の指を一本ずつ
押し付けていってください。

最初はなかなかうまく行かないと思います。

でも、続けていると徐々に
力が入るようになります。

さらに続けていると、
足の指一本ずつがうまく力が
入るようになってきます。

力がうまく入るようになれば、
足の指を使う時には、お尻や背中も
使っているのが分かるようになれます。


次に立ったままの姿勢で、
指先立ちをしてみて下さい。

片足ずつしっかりと指先で
身体を支えるようにしてみて下さい。

足の指をうまく使えるようになってくれば、
脚全体を効率よく使えるようになる
だけではありません。

身体全体もうまく使えるようにもなれます。

体のバランスが取れるようになり、
股関節絵の負担も軽減されます。

そうした理由から、
痛みも解消へと向かってくるのです。


岡山での腰痛治療院『THB白鳥整骨院』では、
痛む場所以外にも検査の枠を広げ、
根本的な痛みの原因を探るように心がけています。

腰痛以外にでも、
お身体の事でお悩みのある方は、
是非一度、お電話ください。

スタッフがお待ちしております。


2018年04月11日 更新

院長日記新着記事一覧

つらい腰痛にならないためにも...
腰痛は、重いものを持ち上げたり、日常のふとした動作から引き起こされるものがほとんど。原因としては、筋肉疲労が溜まってきた時や悪い姿勢から引き起こされている事が多いのは皆さんもご存じ...
2018年03月08日 更新
ひどい肩こり!その影響は他の所にも...
肩こりにお悩みの方。時には、首にまでつらさが及んでしまう事も…。肩こりもひどくなってしまうと、寝返りをした際に首までがつってしまい、動かせなくなる事も!通常、「つって...
2018年02月19日 更新
"座りすぎ"が健康に悪い
”座っている時間”が長いと、糖尿病、高血圧だけでなく、がんやうつ病、認知症といった病気の発症率も高めてしまう!そのような事が、最近の研究では分かってきていま...
2018年01月22日 更新
身体に負担を掛けにくい基本の座り方
もしあなたが、高価な椅子を今、使われていたとしても…。その座り方が正しくなければ、身体に対しての負担は軽減される事はありません。長時間に渡りパソコンなどの作業をする時...
2017年12月18日 更新
あなたにも起こる『肩の痛み』。「四十肩・五十肩」の場合も...。
肩が痛む、しびれる…といった症状で、医療機関に行かれる方。数多くいらっしゃいます。他にも、中年以降に肩にトラブルが起きた際に。その時には「四十肩・五十肩だから&hel...
2017年11月20日 更新

THB白鳥整骨院のご案内

住      所:
〒700-0924 岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-243-9200
受付時間:
【平日】
午前  9:00~12:00
午後15:00~18:30
【土曜】
午前  9:00~12:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ