岡山市の腰痛改善に力を入れている個室の整骨院

THB白鳥整骨院


院長日記

腰痛...って!?

更新

ご質問です。「腰痛」って何でしょうか?

そもそも『腰痛』とひとくくりにしてしまっても、
その種類や痛みの程度は人それぞれ。

腰に負担のかかる作業や激しい運動の後から、
何日かに渡って腰が痛くなったり、
重く感じたりする経験は誰でもお持ちのはず。

こういった症状は、たまに起きたとしても、
それは一時的なものです。

ゆっくりとお風呂に入り、
一晩寝れば腰の痛みも解消してくるはずです。

そうでなくても、2~3日ぐらいして、
身体の疲労が取れてくればまた
元通りの身体には戻れます。

また「急に身体を捻った」
「重いものを持ち上げようとして腰がギクッとなった」。

こうした症状でも、長くても一週間くらい
安静にしていれば治る事も多いものです。

でも、こうした”軽い”腰痛でも、
繰り返していると徐々に慢性化してきます。

そこに悪い姿勢や太りすぎがあると…。

運動不足なども加わり、無理な負担を強いられ続けた腰は、
ふとした軽いきっかけでもギックリ腰へと
繋がりやすいものです。

腰も痛いけど仕事もあって
安静になどしていられない。

あるいは腰に現れた激痛に
どうにも耐えられなくなった。

そんな際には専門家による施術が必要になってきます。

岡山の地域の皆様が腰痛にお悩みになった際に。

岡山での腰痛の施術『THB白鳥整骨院』では、
痛みのある身体に無理な力を加えたり、
捻ったりする事なく症状改善ができます。

そのような施術を続けて、皆様のご信頼を得てきました。

「腰が痛いけど、どこに行けば…??」、
と悩まれた時などには、ぜひ
岡山市の『THB白鳥整骨院』をお選び下さい。

皆さんが腰痛になる理由

人間の背骨は、真っすぐに
伸びているという訳ではありません。

二本の脚で身体を支えるのに最も適した
『自然なカーブ』が背骨には
形作られているのです。

背骨の腰の部分についてだけ言いますと、
適度な前ぞりが保たれている事が普通です。

でも日常生活で習慣的に悪い姿勢を
とっていると身体にも悪い癖が染みつきます。

その結果、前反りが大きくなってしまうと
重い身体も支えられません。

同様に太りすぎの方。

そのような方は、お腹が出ているのと同じ位、
腰骨のカーブも反りが大きくなっています。

そうなると、腰への負担も増すことになり、
腰痛が引き起こされる、という結果になります。

加齢による腰の痛み

人間は年をとってくると、
骨の一部分が圧迫骨折をおこして
骨がつぶれたり、変形したり
する事もあります。

そうした事で起きてくる症状に
『変形性脊椎症』『変性すべり症』
『腰部脊柱管狭窄症』があります。

また身体を支える筋肉も衰えて来ます。
そのため重心も前のめりになっても来ます。

当然腰のカーブも変わってくることになります。

こうした背骨に起こる骨の変形は、
背骨から出てくる大事な神経の出口をも
狭める結果となり、脊髄神経は刺激を受けて
痛みが生じてきます。

病気による腰の痛みも…

腰に起こる痛みの中でも、
注意をしなければいけないのは、
腰痛の原因が背骨や骨盤にない時です。


身体が”がん”などの悪性腫瘍に侵された場合。

その時には、その周りの神経や筋肉が影響を受けて、
腰の痛みが現れて来る事があります。

通常でも腰の痛みは、
あれこれと身体の向きを変えているうちに、
その痛みも消失したり軽減したりするのが普通です。

しかしこうした病気から起きてくる腰の痛みは、
激しい痛みがあると身体の姿勢を変えてみた所で
変化しません。

皆さんも腰が痛いからと、その原因を
背骨や骨盤位だけ求めない事が重要です。

この事は常に頭の中に入れておく必要があります。

腰の痛みに襲われた時に…

腰の痛みと一言で言いますが、痛みの程度、
そしてその起こり方で、腰痛は分けられます。

腰痛の起こり方では、突然に襲われる「急性症状」。

ずっと以前より、痛かったり、
そうでなかったりを繰り返す
「慢性症状」とがあります。

痛む程度には、激痛の場合もありますし、
鈍痛で済む場合もあります。

そして痛みの性質から分類をすると、
「安静時痛」と「動作時痛」とがあります。

「安静時痛」は、身体を
じっとさせておいても痛む場合。

「動作時痛」は、身体を動かしている
時にだけ起きる痛みを言います。

腰の痛みの症状がどのようなものであるかによって、
専門家は原因を推測する事が可能になります。

じっとしていても痛みが出る場合には、
前述したようにその原因が病気によるもの
である可能性が高くなります。

反対に、
身体を動かさないようにしていると
痛みが治まる場合には、筋肉や体の歪みから
起きている場合が高くなります。

突然に腰に痛みを感じた時には、
誰でも慌ててしまいがちなものです。

しかし、慌てずに
まず横になれる時には横になり、
腰の痛みがどのように変わるかを
覚えておいて下さい。

医療機関を受診された時の参考にもなります。

安静にしても痛みが変らない場合に…

腰痛におそわれ、安静にしていても
痛みが治まってくれない場合。

身体の病気から腰の痛みが
起きている事が疑われます。

早めに医療機関を受診するようにして下さい。

その他にも、発熱や嘔吐。

下痢などの症状がある場合でも受診が必要です。

安静にしていれば、痛みが和らぎ、
身体を動かした時にだけ痛む、というのであれば
筋肉など運動器官が原因と考えられます。

そのような場合には、安静を保って、
ある程度痛みが治まってから
受診をしても構いません。

しかし、
脚にしびれがある場合や便通の異常。

または尿が出ないといった”膀胱直腸障害”が
疑われる場合にはすぐに入院治療が必要とされます。

最後に、
身体を安静に保つ場合にはできるだけ
横になって休むことが必要です。

その時に仰向けの姿勢が難しい時には、
横向きになったり、膝の下に枕を入れ
足を支えてあげると楽になれて良いでしょう。

2018年05月22日 更新

院長日記新着記事一覧

『脚を動かすと痛い!』 股関節の痛み
股関節は、上半身と下半身との境目にある「骨盤」を支える大切な関節。脚の付け根でもあり、脚を動かす事に関わる大切な部分でもあります。そんな股関節に痛みが…。身体を使って...
2018年04月11日 更新
つらい腰痛にならないためにも...
腰痛は、重いものを持ち上げたり、日常のふとした動作から引き起こされるものがほとんど。原因としては、筋肉疲労が溜まってきた時や悪い姿勢から引き起こされている事が多いのは皆さんもご存じ...
2018年03月08日 更新
ひどい肩こり!その影響は他の所にも...
肩こりにお悩みの方。時には、首にまでつらさが及んでしまう事も…。肩こりもひどくなってしまうと、寝返りをした際に首までがつってしまい、動かせなくなる事も!通常、「つって...
2018年02月19日 更新
"座りすぎ"が健康に悪い
”座っている時間”が長いと、糖尿病、高血圧だけでなく、がんやうつ病、認知症といった病気の発症率も高めてしまう!そのような事が、最近の研究では分かってきていま...
2018年01月22日 更新
身体に負担を掛けにくい基本の座り方
もしあなたが、高価な椅子を今、使われていたとしても…。その座り方が正しくなければ、身体に対しての負担は軽減される事はありません。長時間に渡りパソコンなどの作業をする時...
2017年12月18日 更新

THB白鳥整骨院のご案内

住      所:
〒700-0924 岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-243-9200
受付時間:
【平日】
午前  9:00~12:00
午後15:00~18:30
【土曜】
午前  9:00~12:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ